レーザー脱毛最新事情

レーザー脱毛最新事情

みなさんは、脱毛がいつ頃から始まったのかご存知でしょうか。なんとはるか昔の古代から、しかも男女ともに石器や貝殻などを使って削り取るところから始まっていたようです。

アラブやイスラム社会では、首から下の体毛は剃毛することが宗教上の身だしなみとされていたり、日本でも江戸時代中期あたりから特にふんどしを着用する頃から、体毛が嫌われる文化になり、そこから脱毛へと今では慣習的になってきています。それとともに、時代に合った脱毛方法が考えられてきました。現在は、ワックス脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛などがありますが、最近人気のあるレーザー脱毛について、ご紹介します。

レーザー脱毛は、黒や茶色に吸収されるというレーザーの特性を生かした脱毛法で、毛や毛根などにダメージを与え、それを繰り返すことにより無毛に近い状態にして、目立たなくするという方法です。特に毛の成長に合わせた照射が有効で、タイミングよく施術すると効果が大きくなります。

レーザー脱毛の中でも、ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーの4種類があり、日本では主にアレキサンドライトレーザーが主流になっています。それぞれ波長が違うので、レーザー照射の届く範囲が違ってきますが、一般的に日本人の肌や質に合うものがアレキサンドライトレーザーで、少し深いところにある髭や日焼け後の濃い色の肌などの場合は、ダイオードレーザーやYAGレーザーを使います。


Comments are closed.